​木村直子 プロフィール

 

 山口県山陽小野田市生まれ

京都市立芸術大学音楽学部弦楽専修卒業 ヴァイオリンを岩淵龍太郎、亀田美佐子、室内楽を黒沼俊夫の諸氏に師事。西日本新人演奏会に出演、テレビ西日本賞受賞。オーストリアに留学、ウィーン市立音楽院でT・クリスチャン氏に、ザルツブルクにて塩川悠子氏に師事。大阪・京都にてリサイタルを開催、

帰国後 京都フィルハーモニー室内合奏団でコンサートミストレスを10年務める。

1998年 「音登夢」(おととむ)を夫 木村政雄と共に結成

2005年5月、第5回大阪国際室内楽コンクールフェスタ部門でファイナリスト賞受賞。

2011年秋、岩手県で東北大震災復興支援コンサートを行う

2012年より 岩手県陸前高田の流木で作られたヴァイオリンを知り、その楽器を使用してのチャリティーコンサートを各地で行う

2016年 アルゼンチン・タンゴ音楽を極める為に、発祥の地ブエノスアイレス(アルゼンチン)に渡り

現地の著名アーティストとコンサートを開催。好評を博す。

現在 音登夢主宰 オルケスタ・アストロリコ  タンゴ・コケータ シンフォニアコレギウムOSAKA等でも演奏活動を展開。

アマテュア合奏団の指導も積極的に行っている。

 

愛してやまないもの  猫 スイカグッズ ワイン パンケーキ キムチ焼き飯

​木村政雄プロフィール

大阪市生まれ

 京都市立芸術大学卒業。チェロを黒沼俊夫氏に師事。卒業演奏会に出演。オーストリアに留学、ウィーン市立音楽院でI・バイロフ氏に師事、M・マイスキー氏の講習に参加。帰国後京都フィルハーモニー室内合奏団に在籍。1998年3月妻の木村直子と音登夢(おととむ)を結成。

現在、音楽企画集団音登夢主宰、編曲を担当。シンフォニア・コレギウムOSAKA、アルゼンチンタンゴユニットのオルケスタ・アストロリコのメンバー。2012年には自ら作曲した音楽物語「蜘蛛の糸」「あさことゆうこ」を初演。

サンスクエア堺での「お年玉コンサート」の編曲、いずみホールでの「お子様ランチタイムコンサート」で「ボレロ」「サウンド オブ ミュージック」「胡桃割り人形」の編曲を担当、好評を博した。最近では姫路オペラ協会30周年記念コンサートでのピアノ5重奏による様々な歌曲オペラアリア等の伴奏がある。

 

​南木優子プロフィール

 

大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。名畑ゆかり、山下泰夫の諸氏に師事。在学中エリアーヌ・リシュパン氏による公開レッスンを受講。ピアノ曲のみならず、オーケストラ曲などの編曲による演奏を得意とし、そのユニークな活動は1993年の雑誌「ショパン」の<新鋭ピアニスト>のコーナーでも紹介される。同年芦屋にてデュオリサイタル、1995年大阪にてリサイタル開催。音楽とゆとりを楽しむ会“フロインデ・デア・ムーセ”を主催し、『世界のワインと音楽の会』、『白鷹禄水苑利き酒コンサート』を開催。
ピンクリボンコンサート・震災チャリティーコンサート等にも積極的に参加。
2013年ピアノDuoを結成、バレエや朗読、絵画等とのコラボで物語性のある美しいコンサートを目指し活動中。

​音登夢の詳しい歩み

 1998年ユニット結成の時、京都フィルハーモニー室内合奏団時代から親交厚い俳優の常田(ときた)富士男さん(まんが日本昔話の男性語り手)に「ユニット名、貴方達の息子2人の名前くっつけたら、いいよ」と助言いただき長男 音登(おと)次男 登夢(とむ)の名前を足して 音登夢(おととむ)と命名。「おとむ じゃあなくて、おととむ・・・というつっかえた感じがいいんだよ」ともおっしゃっていただきました。

 

1998年、3月11日ヴァイオリンの木村直子、チェロの木村政雄とゲストにチェコの名ピアニストヨゼフ・ハーラ氏を迎えて結成コンサート開催。

8/21~23  山口県小野田市でのサマーナイト デ クラシックコンサートにデュオで参加。ヴァイオリンの若林暢、チェンバロの小島芳子・・・・の諸氏とも共演。二人とも亡くなられたなあ。

ブランデンブルク協奏曲第5番他  小島さんに「あなた達のデュオ、面白いわね!」と初めてプロから誉めていただいた。

10月神戸風月堂で音登夢として初めて常田さんと共演

この時期、関西のメジャーオケのエキストラ団員としても活躍

人形劇団クラルテの創立50周年「セロ弾きのゴーシュ」で松本則子(まっちゃん 当時クラルテ社長)と知り合う

 

1999年

門奈紀生率いるタンゴユニット アストロリコ(京フィル在団中、1993年アストル・ピアソラ1周忌コンサートで共演)のメンバーに二人とも加入。タンゴに深く馴染む。
政雄ミュージカルのピット1カ月公演初

2000年 八尾プリズム巡回コンサートシリーズ(翌年1月まで)

かのんちょっとコンサート第1回に出演

2001年

年末にCD「ENCOLE」完成。現品届く。

2002年秋、ドイツ演奏旅行。

2003年 源氏物語初演
2004年12月デュオのみのCDPRESENT(プレゼント)を発売。
2005年5月 第5回大阪国際室内楽コンクールフェスタ部門でファイナリスト賞受賞 メダルを戴く。
2006年 ピティナステップ千里で子供達とピアノトリオを演奏開始(2018年まで延べ230人の生徒にレッスンして本番)
 いずみホールでの初のお子様ランチタイムコンサート
      (曲は、ボレロによる楽器紹介と動物の謝肉祭でした。)
2007年3月、貴志康一の弦楽4重奏曲を清書校正して本邦初演。
10周年を迎えた2008年、源氏物語千年紀にちなみ源氏物語を改訂再演。(語り 常田富士男)
2009年には二人だけで(アンコールで息子達も交えた)コンサート(春の音登夢コンサート第11回)で区切りを付ける。

秋には宮崎県延岡市の「風と土の会」コンサート第1回!
2010年

3/2 生野聴覚支援学校で「音に触ってみよう」コンサート開催。
6月 2枚のCD(「シネマクラシック」と「女神伝説」)を発売開始!
2011年 東日本大震災

住吉区民センターで常田富士男さん、ソプラノ歌手槙野綾さん、音登夢キッズと共に「ふるさとコンサート」開催。
2012年より 陸前高田の流木で作られたヴァイオリンによる「千の音色でつなぐ絆」企画に参加。関西各地でコンサート展開 。
2013年 
お子様ランチタイムコンサートで「サウンド オブ ミュージック」を初演。キッズ・ファミリーも出演
2014年
音登夢主催で千の音色でつなぐ絆コンサート(弦楽4重奏編成)をいずみホールで開催。750人のお客様にご来場いただき60万円の募金を木魂の会に送った。
2015年 

1月音登夢弦楽団 結成 
2月「命をつなぐ木魂の会」主催で「千の音色でつなぐコンサート」を岩手、宮城で開催。陸前高田の流木で作られたヴァイオリンとチェロを演奏。奇跡の一本松のモニュメント前でも演奏。

2016年
 3月 木村直子 アルゼンチン ブエノスアイレスへ短期留学 
5月 音登夢ファンクラブ結成
2017年 
4月 音登夢 サロンコンサートシリーズ 始まる!
11月 二人の還暦記念コンサート @ザ・フェニックスホール
             終了後 すぐにウィーンへ。
2018年 3月 結成20周年
6月 植物園でのサロンコンサート等 
2019年 3月 ファンクラブ主催 20周年コンサート

2020年 堺市立栂文化会館 美原文化会館で演奏

  コロナウィルスにも負けずに頑張ります!

 

​名付け親 常田富士男

 

昭和12年長野県下高井郡生まれ。熊本県立済々黌高校卒業。劇団民芸養成所修了。1960年劇団青年芸術劇場結成。1965年解散。1966年演劇企画集団66結成。以来劇作家別役実作品を中心に演劇活動を続け、現在に至る。映画、テレビ、アニメ、ドキュメンタリーなどでナレーター、リポーターとして活躍。アニメ「銀河鉄道の夜」「天空の城ラピュタ」「源氏物語」で1987年第4回日本アニメ大賞声優部門特別演技賞受賞。1995年第30回モービル児童文化賞受賞。「まんが日本昔話」は23年間放映。京都フィルハーモニー室内合奏団及び音登夢とのコンサート「音楽物語」は好評を博した。2018年7月18日逝去

Copyright (C) 2020 Ototom Music World Rights Reserved.

E-mail         ototom@pearl.ocn.ne.jp

​音楽企画集団 音登夢 おととむ

〒558-0001

​大阪市住吉区大領4-2-10-503

TEl&FAX   06-6607-3054